« トルコGPの天候はよさそうだ | トップページ | いまだに決まらない2010年用タイヤ »

ベッテルとウェバーは高い授業料を払ったのだろう

トルコGP決勝レース41周目の12コーナー手前での

レッドブル同士討ち

チーム側は、ウェバーに責任がありといい

他のドライバーたちはベッテルに責任があるとの事だが

さてウェバーのオンボードカメラでは

ベッテルが横に切ってきたように見えるが

その前からウェバーは徐々にだが左に寄っているように見えるし

ただウェバーとしては

エンジニアからセーフティモードで走っている事で

いきなり左に現れたベッテルとの速度差に少々戸惑ったのだろうか?

鈍かったな

あと両方とも初チャンピオンを狙っていることから譲れなかったのだろう

「チームのマシンが互いに接触するのを見るのは非常にがっかりだよ。今日のわれわれは戦略も良く、優勝に値するはずだった。43ポイント入るはずが、15ポイントに終わってしまったのだから……」

「ドライバーにはお互いにスペースを与えるよう指示している。しかし今日はどちらともに譲らなかったようだ。ジェンソン(バトン)とルイス(ハミルトン)は互いに戦っても、充分なスペースを与え合っていた。我々としても2人のドライバーにそれを望んでいる。それが出来なかった結果、どちらのドライバーもチームも大量のポイントを失ってしまったのだから」

とホーナーのコメントからも

2人とも高い授業料を払ったと言う事で

あとは、次のレースでまた同じ事をやるか?

それとも・・・

|

« トルコGPの天候はよさそうだ | トップページ | いまだに決まらない2010年用タイヤ »

F1」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッテルとウェバーは高い授業料を払ったのだろう:

« トルコGPの天候はよさそうだ | トップページ | いまだに決まらない2010年用タイヤ »