« ルノーがピケJr.と親父に対して法的措置とのこと | トップページ | アロンソの2010年加入はない? »

第13戦イタリアGP予選

第13戦イタリアGP予選が終了

1 1 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes B 1:23.375 1:22.973 1:24.066 248.076 23
2 20 A.スーティル GER Force India Mercedes B 1:23.576 1:23.070 1:24.261 0.195 24
3 4 K.ライコネン FIN Ferrari B 1:23.349 1:23.426 1:24.523 0.457 28
4 2 H.コバライネン FIN McLaren Mercedes B 1:23.515 1:23.528 1:24.845 0.779 27
5 23 R.バリチェロ BRA Brawn GP Mercedes B 1:23.483 1:22.976 1:25.015 0.949 23
6 22 J.バトン GBR Brawn GP Mercedes B 1:23.403 1:22.955 1:25.030 0.964 26

7 21 V.リウッツィ ITA Force India Mercedes B 1:23.578 1:23.207 1:25.043 0.977 26
8 7 F.アロンソ ESP Renault B 1:23.708 1:23.497 1:25.072 1.006 25
9 15 S.ベッテル GER Red Bull Renault B 1:23.558 1:23.545 1:25.180 1.114 23
10 14 M.ウェバー AUS Red Bull Renault B 1:23.755 1:23.273 1:25.314 1.248 24
11 9 J.トゥルーリ ITA Toyota B 1:24.014 1:23.611     20
12 8 R.グロージャン FRA Renault B 1:23.975 1:23.728     22
13 5 R.クビカ POL BMW Sauber B 1:24.001 1:23.866     17
14 3 G.フィジケラ ITA Ferrari B 1:23.828 1:23.901     24
15 6 N.ハイドフェルド GER BMW Sauber B 1:23.584 1:24.275     14
16 10 T.グロック GER Toyota B 1:24.036       11
17 17 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota B 1:24.074       9
18 16 N.ロズベルグ GER Williams Toyota B 1:24.121       12

19 12 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari B 1:24.220       12
20 11 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari B 1:24.951       11

ポールはハミルトン

2番手に好調だったスーティル

フロントローからのスタートは初めてか?

3番手にはなんとかキミがきたが、すぐ後ろは、マクラーレンのコバライネン

ブラウンGPのバリチェロとバトン

7番手にはフォースインディアのリゥッツィと

メルセデスエンジンが上位独占

何かエンジン凍結なのにエンジンの影響?それともリア周りが影響しているのか?

エンジンセーブしていたレッドブルはベッテルが9番手でウェバーが10番手と追い上げができるか?

フリー走行では調子のよかったBMWだったがどうやらエンジントラブル発生して中段に沈んでしまった

あとはトップスピードが伸びてこないTOYOTAは何とかヤルノが11番手にいるが、グロック16番手で同じTOYOTAエンジンを使っているウィリアムズの一貴が17番手でニコは18番手と今回の予選を見る限りメルセデスエンジンを使いたいチームが増えるだろうな

|

« ルノーがピケJr.と親父に対して法的措置とのこと | トップページ | アロンソの2010年加入はない? »

F1」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第13戦イタリアGP予選:

« ルノーがピケJr.と親父に対して法的措置とのこと | トップページ | アロンソの2010年加入はない? »