« ルノーもドイツGPでバージョンアップ | トップページ | 平穏は訪れるのか? »

鈴鹿での代替開催は難しいか?

富士が正式に撤退を表明したことで

2010年の日本GP開催に

鈴鹿の対応は?

と思っていたら

さすがに

すぐには対応は無理だろう

鈴鹿からは

「まだ何も決まっていない」

とのコメント

鈴鹿側としては、やりたいだろう

日本のファンとしても鈴鹿にがんばってもらいたい

ただし開催費用をどうやって準備するか?

本来であれば

鈴鹿は2009と2011であったことからその準備をしていたのに

急にこの事態

しかもバーニーのことだから開催費用を下げてくれるとは思えない

ブルガリアが開催を目指して準備中

カナダも復活へ向けて自治体が協力

韓国やロシア、インドも開催に向けて動いていることを考えると

ますます厳しい状況におかれるかもしれない

しかも海外からは今回のことに厳しい意見が出ているようで…

ただ税金を投入してまでやれるのか?

トルコGPでは観客がまったく入っていない状況

中国GPでも同様に

だが日本GPはどうだ

多くの人たちが来ているのにバーニーの心ひとつとは…

モズレーもバーニーもF1の発展と言う大義名分を掲げてはいるが、本当は自分のためにしか動いていない

そんな人間がこのままF1を仕切っていっていいのだろうか?

いい年なのだから2人ともすぐにやめてくれ

F1 |

« ルノーもドイツGPでバージョンアップ | トップページ | 平穏は訪れるのか? »

F1」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿での代替開催は難しいか?:

« ルノーもドイツGPでバージョンアップ | トップページ | 平穏は訪れるのか? »