« ピケJr.シート喪失でブルーノ・セナがルノーから? | トップページ | 進む新シリーズ計画 »

FOTA新シリーズ立ち上げ宣言

19日のリミットがなんと

FOTA側から新シリーズ立ち上げの宣言が出された

ぎりぎりまで粘るかと思われたが

やはり分裂の結果に終わった

FOTA公式声明全文

「昨年9月に結成以来、FOTAはメンバーである各チームが共に作業を行いFIAや商業権保有者とF1というスポーツの改善のために話し合いを行ってきた」

「しかし全世界的な経済危機の余波が、F1というコミュニティの前に大きな挑戦を与えた。FOTAはF1というスポーツの歴史上、コスト削減に関して最も適当な判断を行ったことを誇りに思っている」

「特に自動車メーカー系チームは独立系チームを手助けし、FOTAがなければそういったさまざまな事柄は達成できなかったであろう。FOTA参加チームは将来のチーム運営モデルになり得る任意のコスト削減案に同意していた」

「チーム側のこういった努力を経て、われわれはFIAと商業権保有者に対し、2012年末までの契約を認めてきた」

「しかしFIAと商業権保有者はFOTAを除外する行動に出た」

「主要チームの願いは無視されたのだ。加えて2006年以降の何千万ドルもの分配金が、商業権保有者からチームに支払われることがなされないままとなってきた。このような状況と環境を考慮し、FOTAは純粋に妥協を模索した」

「しかしついに問題はクリアとなり、チーム側は今後もF1の基本的な価値について妥協できなくなった。すでに提出した2010年F1世界選手権への条件付きエントリーを変更することするという妥協はできなかった」

「これにより、FOTAは今後新しい世界選手権開催のための準備を行うこととなる。その新シリーズは参加者とパートナーの重要さを反映させる。この新シリーズは透明性のある統治や1セットのレギュレーションを取り入れ、参加者を励ましつつファンの願いに耳を傾けることになる。さらに世界中の視聴者やパートナー、他の重要な利害関係者にとっても魅力的な価格を約束する」

「主なドライバー、スター、ブランド、スポンサー、プロモーター、そして歴史的に高いレベルでモータースポーツを支えてきた会社が、この新シリーズと関わることになるだろう」

ただ今回のこの動きにバーニーが黙っているわけではなく

チームに対しての損害賠償を請求するとのことだが果たしてこのまま泥沼の争いが続くのだろうか?

F1にメーカーを呼び込んだ張本人2人が結局はメーカーと争い分裂を起こした事を考えると

最後まで強硬手段をとり続けたモズレーの対応は…

しかし現状新シリーズをやる場合

どこで開催するのだろうか?

新シリーズ名は、どうする?

そしてスポンサーはどっちに付くだろう?

ウィリアムズやフォースインディアは分裂により来シーズンからは、コスワースエンジンでの戦い?

それどころかF1はコスワースの統一エンジンになるのか

そうなるとやはりモズレーはメーカーを一掃したかったのだろうかと思えてきた

Acer Ferrari公認 20インチ...
日本エイサー
極める―トヨタモータースポーツ
ディースピード・インターナショナル
Analysing Formula 1:...
Roger Smith
FORMULA ONE 2009 (講談...
講談社

|

« ピケJr.シート喪失でブルーノ・セナがルノーから? | トップページ | 進む新シリーズ計画 »

F1」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FOTA新シリーズ立ち上げ宣言:

» FOTA新シリーズ立ち上げ宣言 [F1-2xxx]
FOTA F1と決別し新シリーズ立ち上げへ 問題山積みだが・・・ [続きを読む]

受信: 2009/06/19 19:59

« ピケJr.シート喪失でブルーノ・セナがルノーから? | トップページ | 進む新シリーズ計画 »