« クルサードが急遽リザーブドライバーに | トップページ | 2009開幕戦スケジュール »

器の小さい男、バーニー

ブラウンGPが、いきなりバーニーから嫌がらせを受けているようだ

その内容は、なんともバーニーという男の器が小さいのかを物語っているように思えるないようで

ブラウンGPがHondaからの名称変更でなく

新規参入チームとしてFIAから扱われたことから

カーナンバーとピット位置が変更されたのは、まだ仕方のないことかと思えるが

テレビ放映権料などのFOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション)からの分配金で、ブラウンGPはチームの存続にこれを当てにしていたものの新規チーム扱いとなると額が大幅に減少、さらにその分配時期も当分先送りになるとみられている

とのこと

どうやらチーム名変更に関しては

全チームが満場一致していたにもかかわらずバーニー・エクレストンが拒否権を行使したため、単純なチーム名変更が認められず、ホンダF1の経済的な権利を引き継ぐことができなかったようだ。

とのことで

これにより入ってくる見込みだった

約2200万ユーロ(約29億円)を失う

このことに対して当のバーニーからは

「彼らは、私の申し出を受けるべきだった」

「関係する全員にとって、非常にいいオファーだった。彼らに完璧な保護をもたらすものだったが、彼らは自分の方法でやりたかったのだ。今のわれわれにできることは、祈ることぐらいだな」

とコメント

バーニーも器の小さい男だということか・・・

自分の思い通りに行かないとすぐにいじめる

もっとも悪い大人の例だ

|

« クルサードが急遽リザーブドライバーに | トップページ | 2009開幕戦スケジュール »

F1」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 器の小さい男、バーニー:

« クルサードが急遽リザーブドライバーに | トップページ | 2009開幕戦スケジュール »