« 不振のピケJr.の代わりのドライバーに | トップページ | 第6戦サルディニアラリーLeg3 »

とうとう泣き落としにかかったようだ

もう会長職をやめるしかなくなってきたモズレーだがここにきて最後の悪あがきとして

泣き落としの策を講じてきたようで

各国のモータースポーツ権能団体会長に

「F1の将来を考えた場合、如何に自分がFIAにとって必要か」

との手紙を送ったとのこと・・・

スキャンダルが出てきた時点でF1の将来を考えるのなら

やめるべきだと思うのだが

果たしてその考えは、いまだもって自身の考えの中にないのだろうか?

不思議でならない

FORMULA TAKUMA (講談社M...
講談社
スーパーアグリF1チームオフィシャルイヤ...
リミックスポイント コーデックスイメージズ事業部
Lewis Hamilton: A Po...
Andrew Van De Burgt
Forza Minardi!: The ...
Simon Vigar

|

« 不振のピケJr.の代わりのドライバーに | トップページ | 第6戦サルディニアラリーLeg3 »

F1」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとう泣き落としにかかったようだ:

« 不振のピケJr.の代わりのドライバーに | トップページ | 第6戦サルディニアラリーLeg3 »