« インドマネー投入か? | トップページ | ミハエルが今後もテストをするか? »

銀色の跳ね馬

フィアット/フェラーリ・グループ総帥のルカ・モンテツェモロ社長から

マクラーレンの新車MP4-23に対して

「タイトルを勝ち取ろうとする人間なら誰でもフェラーリのマネージメントをする、あるいはいくらかの部分を採り入れるというのは理解できる。しかし、マクラーレンのものにはわれわれの概念が使われていて、まるで銀色に塗られたフェラーリそのものだ。これはまだ『スパイ疑惑問題』が決して終結していないということだよ」

とコメント

2007シーズンは、スパイ問題でゆれたが果たして2008シーズンもまだその問題が続くのだろうか?

トップチーム間での争いなのでこれだけ敏感になっているのだろうけど

|

« インドマネー投入か? | トップページ | ミハエルが今後もテストをするか? »

F1」カテゴリの記事